銀行と消費者金融の比較

銀行/消費者金融 ▼ 銀 行 ▼ 消費者金融
審査速度 ★★★☆☆
( 普 通 )
★★★★★
( 早 め )
金利の高さ ★★★★★
( 低 め )
★★★☆☆
( 高 め )
審査厳しさ ★★☆☆☆
( 厳しめ )
★★★★☆
( 柔軟性あり )
総量規制 対象外
( 年収の3分の1以上OK )
対 象
( 原則年収の3分の1まで )

    ※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。
      会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい



【目的①】低金利でお金を借りる

  • 低金利でお金を借りたい
  • 安心感のある銀行からお金を借りたい
  • 必要な時に何度でもお金を借りたい

>【銀行からお金を借りる】詳細

【目的②】即日融資でお金を借りる

  • 急いでお金を借りたい
  • 融資スピードの速い業者に申し込みしたい
  • 必要な時に何度でもお金を借りたい

>【すぐにお金を借りる】詳細

【目的③】休日・祭日にお金を借りる

  • 土曜日・日曜日でもお金借りることができる
  • 祝日にお金を借りることができる
  • 必要な時に何度でもお金を借りたい

>【休日にお金を借りる】詳細

銀行からお金を借りるなら

お金を借りる方法


『スマホ対応』お金を借りる方法のなかでも利用者が多く人気が高いのが、銀行からお金を借りる方法です。 人気の理由は、「低金利でお金借りれる」「安心感や信頼感がある」「総量規制の対象外で高額借り入れができる」など、 メリットがたくさんあるからです。 特に、カードローンはその手軽さや使い勝手の良さから利用者が増えています。 こちらでは、銀行のカードローンから借り入れする「ポイント!」をお伝えします。

銀行からお金を借りる「ポイント!」とは

「ポイント!」は、ズバリ、条件を満たしているかどうかです。 銀行からお金を借りることができれば数多くのメリットを受けることができますので、 この条件を満たしているなら、ぜひ迷うことなく銀行借入を選択しましょう。

銀行からお金を借りるための条件

  • 年齢が満20歳以上65歳未満で、日本国内に居住していること
  • 原則として、安定した収入があること
  • 指定の保証会社の保証を受けられること

※詳細条件は借り入れ先により異なります。ご利用の際には、実際に借り入れを行う銀行にて条件をご確認ください。

「ポイント!」~メリットとデメリット~

バンク借入


それぞれメリットとデメリットがありますが、 その両方を考慮してでも、銀行からお金を借りることができたら、あなたには多くの利点が生まれます。

たとえば、最大のメリットともいえる“低金利”ひとつをとっても、 同じ金額を借入しても、この金利の差で返済時の利息が大きく変わってくるため、 のちのちの負担も軽くなります。
また、安心感などもありますので、ぜひご検討をお勧めします。

銀行からお金を借りるメリット

  • 低金利でお金を借りることができる
  • 融資限度額が高い(借り換えやおまとめローンなどにも有利)
  • 安心感と信頼感がある
  • 総量規制外のため収入以上の借り入れをすることができる

銀行からお金を借りるデメリット

  • 消費者金融よりは審査が厳しめ

デメリットとして“審査が厳しい”といった点が気になりますが、初めてお金を借りる方や、 他社借入件数が0~1件と少ない方、借入基準を満たしたうえで過去に返済が滞ったり、 未返済の借入金などの事故情報がないなど、 これらの問題がなければ審査を通る可能性が十分にあります。

金利は低金利なので返済の際に支払う利息の負担も少なくて済みますし、 安心感や信頼感など、お金では買えない価値がありますので、 ぜひ、審査申し込みをお試しください。

また、以前は「審査に時間がかかる」とも言われていましたが、 カードローンなら、契約申込み~審査受け付け~審査~審査回答までにかかる時間が “最短40分カード発行”など、その対応やサービスもどんどん充実してきています。


お役立ち借入コラム

初めてのお金の借り方

初めてお金を借りようと思ったとき、まずはどうしたら良いのでしょうか。 現在カードローンも数多くあり、どこから借りれば良いか迷いますよね。 詳細は銀行や消費者金融によって異なりますが一般的には借りられる対象は下記の項目に当てはまる方となります。

※日本国内在住であること
※年齢満20歳~65歳までの方
※安定した収入があること
(主婦や学生の方でもパートやアルバイトをしていて一定の収入があれば借入可能な場合もあります。) 
※保証会社の保証が受けられる方。
(保証会社は銀行が指定する保証会社となります。)
※過去に金融トラブルを起こしていない方

上記に該当する方は、銀行や消費者金融の借入審査の申し込みが可能ですので2~3社に絞って審査を出してみましょう。 また多くの公式サイトで借入前の仮審査やお試し診断が出来るようになっていますのでそちらを試してみるのもお勧めですよ。

審査は早ければ30分で回答が出るところもあります。また、消費者金融より銀行のほうが審査には時間がかかる傾向があります。 低金利で借入極度額も銀行のカードローンのほうが高いのでその分審査もより慎重に行われます。

消費者金融では初めて借入をされる方を対象に無利息キャンペーン等を実施している会社もありますので今すぐにお金が必要だけれど近日中に返済が可能だという方は、 そういったキャンペーンを利用されるのも手だと思います。 繰り返し利用したい方や限度額をある程度高く設定したいと考えられている方は銀行のカードローンの審査をお勧めします。

そもそも銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは運営母体が違うことです。 まず銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」という規制のなかで運営をしています。 貸金業法では個人の借入総額が原則、年収の1/3までに制限される総量規制を受けますが銀行の場合は その総量規制の対象外となるのでより多くの金額の借入をすることが出来ます。また資金力が断然違いますので金利も消費者金融に比べて低金利での 借入が可能となっているのです。

以上にようにどこから借りるか悩んでいる方は銀行のカードローンから申込をされた方が良いと思います。 金利や借入極度額はもちろんのこと安定感、安心感もあります。また大手の銀行でしたらATMの台数も多いので借入や返済に困ることはありません。

初めての利用でしたらメリットは様々ありますのでいくつかの会社を比べてみて一番ご自分に合ったところを選んでくださいね。

貸金業者に関する苦情・相談は日本貸金業協会「貸金業相談・紛争解決センター」へ

貸金業者とは、消費者金融や信販会社など貸金業を行っている会社のことです。 少額融資として利用されるケースが多く、利便性が高い借入方法です。 この事から、貸金業者を活用してお金を借りている人は大勢います。

ただ、その利便性から使い方を誤ってしまい、返済に苦しむ人も少なからず存在しているのが問題です。 返済に苦しくなると、自転車操業をして多重債務者となる方がほとんどです。 こうなると自分の返済能力を超えてしまい、自分の能力だけでは返済していくことが難しくなるでしょう。 そこで借金の解決策として、債務のプロに相談するという方法があります。 その相談を請け負う機関が、日本貸金業協会です。

日本貸金業協会とは、平成19年に国の認可によって設立された貸金業法に遵守した自主規制管理機関です。 事業目的は、貸金業者の適切な運営に寄与し、貸金業者を利用する消費者の保護をします。 日本貸金業協会の貸金業相談・紛争解決センターでは、貸金業者として登録されている業者か確認したい、 闇金業者を利用してしまった時に対策が知りたいという相談が寄せられています。

また、借り入れ契約において疑問点があるといった基本的な質問から、返済できそうもない債務を抱えておりどうしたらいいのか分からない、債務整理の方法が分からないというものもあります。 この他にも、生活再建を手伝ってほしい、ギャンブル等の依存症が治らないといった様々な状況から消費者の債務の問題を解決するために適切な案をアドバイスを行っています。 国が認めた機関なので、安心して利用できるでしょう。

お金の借り方でぜひ知っておきたい基本

お金の借り方といっても、その理由によって様々な借り方があります。 例えば事業拡大のためにお金が必要な時や、子供の教育ローン、マイカーローンや住宅ローンを組むため、知人の結婚式など特別な行事で急にお金が必要になる時など、お金を借りる理由はいろいろありますよね。 銀行やいくつかの消費者金融であれば、お金の使い道に応じたローンやそのプランがありますので、それぞれに対応したものにするといいでしょう。 この中でも最も手軽でスピーディーに借りられるのは、カードローンやキャッシングです。 店頭での申し込みも出来ますが、最近はインターネットでの申し込みを行っても審査が早い傾向があります。 審査というのは、基本的に本人が申し込んだということと、本人には何らかの安定した収入があるということが証明できるかどうか、ということが聞かれます。 これはどのローンも同じです。 用途が決まっているローンの場合は、本当にその用途でお金が使われるのかどうかをチェックするようにもなっています。 そして、銀行やキャッシングのサービスによっては借り入れを希望する金額のうち、審査で貸し出してもいい金額が振り込まれます。 全額の場合もあれば、一部のみ貸し出す場合もあります。 また、カードローンの場合は利用可能枠というものが設定され、可能枠内で借り入れます。 返済は月に一度ありますので、その日に返済に必要な金額が引き落とされるのがほとんどのケースです。

あなたの目的とニーズに合うお金を借りる方法を選ぼう

お金を借りる方法としては、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった目的別のほか、資金目的を問わないローンもあります。 生活費に充てるためや、様々な用途の資金ニーズに対して不足するお金に充てたいという場合は、資金目的を問わないフリーローンやカードローンが活用できます。 もっとも、フリーローンは一定のまとまった金額を一度に振り込むタイプのローンです。 これに対して、カードローンは一定の利用可能額を設定したうえで、その範囲であれば、自由に借りたり返したりができるタイプです。 利息は実際に借りた分にしかかからないため、今すぐお金が必要でない場合でも、将来の資金ニーズの発生に備えて、申し込んでおくこともできます。 カードローンはどこで申し込めるかといえば、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などの貸金業者のほか、都市銀行や地方銀行、信用金庫等の金融機関でも取り扱いがあります。 申し込み方法は店頭窓口のほか自動契約機や電話、インターネット、郵送と多彩なルートが用意されています。 ご自身のライフスタイルや都合に合わせて選ぶことが可能です。 申込時には収入等の信用情報を尋ねられ、それに基づいて業者ごとの基準に基づき審査が行われます。 審査はその人に貸していいか、いくらなら貸せるか返済能力を判断するものです。 審査が通ると、利用可能額と適用利率が決定され、それに納得すれば正式に金銭消費貸借契約を結びます。 カードを受け取れば、提携のATMでいつでもお金が借りられるようになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ